粉粒体定量供給装置 Model EF / EFS

どんな粉でも定量供給


原理

  • ホッパ部下部の調圧板により上部ホッパの粉体圧の影響を受けずに均一な嵩比重に調圧
  • インペラによりターンテーブル外周のU字型円環溝に粉粒体を充填
  • ターンテーブルの回転、スクレパの掻きだしにより連続的に排出
  • EFS Typeはオルダム機構の採用により、テーブルとインペラが偏心運動し付着を軽減

特長


  • 高精度な定量供給が可能
  • 付着性、流動性の高い粉体にも適用可能
  • 接続するホッパの容量に関係なく、定量供給が可能

仕様

 型式

 モーター動力

[kW]

 供給能力

[Lit./Hr]

 排出口径

[-]

 本体重量

[kg]

外形寸法

[W×D×H mm]

EF-20  0.4  ~130  Φ54mm  77 590×290×574
EF-25  0.75  ~270  Φ84mm  122 740×450×800
EF-30  1.5  ~550  Φ84mm  215 806×540×1000
EFS-14  0.1  ~7  Φ32mm  25 365×225×520
EFS-24  0.4  ~120  65A 72 600×350×665
EFS-29  0.75  ~320  80A  121 630×450×790
EFS-35  1.5  ~630  80A

 -

800×500×905

オプション仕様

1. 耐摩耗仕様 硬度の高い材料、もしくは弾性のある樹脂系の接粉部の表面コートが可能
2. 医薬品仕様 表面仕上げの選択 サニタリ式
3. 耐フラッシング仕様 ブレード式
4. EDF仕様

 従来供給機に比べ部品点数を70%削減。メンテナンス時間も50%減少

EDF仕様

従来供給機に比べ、部品点数を70%削減

分解・組立が容易に可能。メンテナンス時間が従来機に比べ50%減少。

供給機:EDF仕様